「副業でFXをやっているけれど、FXだけではなくて、情報発信もしてみたい」という方もいると思います。
おそらく、このような方の多くは、副業としての収入を、FXだけではなく、情報商材等でも稼いでいきたい方だと思います。
今回は、そのような方のために「情報発信をやる際のやり方のコツ」を解説していきます。

まず、1つ目のコツは、「できない人の気持ちを考える」です。
情報発信をしていくということは、おそらくFXがある程度できる人で、今現在勝てている人ナノではないかなと思います。
ですが、これは優秀な人にありがちなことなのですが、「できない人がなぜできないのかわからない」というものです。

優秀がゆえに陥る罠ですが、情報発信をする時は、なぜ勝てない人が勝てないのか。どんな特徴があるのかを冷静に考えてみましょう。
「自分の感覚」に頼るだけではなく、相手に寄り添うことが大切です。

2つ目のコツは、「速い頻度で更新をする」です。
情報発信をする際は、おそらくSNSやYouTube等を使うとは思いますが、発信の頻度が遅い方がいらっしゃいます。
情報発信をする際は、できる限り発信に頻度を速くしたほうが良いでしょう。
これはなぜかと言うと、「ファンにするためには、単純接触効果が有効だから」です。
単純接触効果とは聞いたことがあるでしょうか?
これは、「何時間その人と関わったか」ではなく、「何回その人と接触したか」というのが、人の友好度に密接に関わっているというものです。

なので、多くの頻度で情報を見ることで、よりあなたの事を意識して、ファンになってくれる可能性が高まります。

3つ目のコツは、「専門用語を避ける」というコツです。
FXには様々な専門用語があり、上級者ほどそれを多用しがちです。
1つ目のコツの「できない人の気持ちを考える」というものと通ずるところがありますが、できる限り専門用語を使うのは避け、万人に分かりやすい言葉で発信していくことが大切です。

確かに、専門用語は説明をする上で非常に使いやすいですよね。
ですが、もし専門用語を使う場合は、その後に「この言葉はこういう意味で」と簡単な概要を説明してから、用語を使うことをおすすめします。

4つ目のコツは、「他の情報発信者を参考にする」というコツです。
FXでの他の情報発信者を参考にしてみましょう。
どんな言葉遣いで、どれくらいの頻度で、どんな事を教え、どんな仕組みを作っているのかという事を分析するのです。

今回は、FXの情報発信のやり方を解説しました。
FXの情報商材は高額で、副業としての収入をより大きくする事が出来ますよね。ぜひ活用してみてください。